ファンがとった不適切な行動により、ボルシア・ドルトムントはDFBスポーツ裁判所から、95000ユーロもの罰金と命じられた上、コレオグラフィの内容についてチームに事前提出の義務づけられることとなった。(アウェイなら両チームの承認が必要)

これは昨季終盤に行われたバイエルン・ミュンヘンとのリーグ戦、そしてポカール準決勝、そしてつづくフランクフルトとのポカール決勝での発煙筒の使用などを受けてのものであり、特にポカール決勝ではあまりの煙の多さでセキュリティカメラの視界も遮られたことから、DFBポカール決勝参加のためのセキュリティコンセプトを、10月31日までに提出することが求められている。

なおドルトムントは今後のセキュリティ面などのの改善のため、95000ユーロのうち3万ユーロは投資へと使用することが可能。その際は、年内までにその対処を証明することが必要だ。

だがこれだけにとどまらない。もしも2018年5月末日までに再び「重大な案件」が再発してしまった場合、アウェイ戦での無観客処分とその補填をする上、チケットの持ち主を個別に判別できるようにするなどの処分を受けることに。

また前述のコレオグラフィについても、さきの条件を満たせない場合や発煙筒の使用など由々しき事態が生じた場合、ドルトムントのファンはアウェイ戦でのコレオグラフィ使用をシーズンいっぱい禁止されることになった。

なおすでにドルトムント側はこの「極めて厳しい処分」を受け入れて確定している。