昨季途中にU23からトップチームの監督へと昇格を果たしたアレクサンダー・ヌーリ監督。そのときからアシスタントコーチを新たに迎え入れる必要性を感じており、マルクス・フェルトホフ氏を招聘。

「そとから見るのではなく、自分もピッチに立ちたいと思ったんだ」とその理由について説明した指揮官は、ここまでの準備期間に満足感を示しており、選手達の近くに控え、多くの対話を行なっており、選手と監督によるつながりはさらに強化されていっている。

「練習でももっと実感したいと思っているんだ。その方が外からみているよりも自分にとってもいいのでね。全体を見ることができるし。しかし10年、15年後には別の考えを持っているかもしれないが」