昨季終盤戦にヴォルフスブルクの監督に就任し、そしてクロスタープフォルテにてトレーニングキャンプをアンドリース・ヨンカー監督が行うのは、すでに2度目のことだ。1回目はブラウンシュヴァイクとの入れ替え戦を前に実施し、その後に見事1部残留を果たしたのだが、果たして運も味方にするための場所選びだったのか?

「そんなことは考えもしなかったね、運が特にもたらされることにんるなんて。」と語った指揮官は、あくまでここでの環境がフィジカル、そしてプレー面でステップアップをはかる上で最適だと考えての決断であり、「これからのトレーニングが楽しみだよ。必要なことでもあるしね」と言葉を続けている。

今回の準備期間中にはテストマッチは行われず、その後の8日間の間でニューカッスル、そしてフィオレンティーナとのテストマッチが控えているところだが、これまではどの選手にも「サンタクロースからのプレゼント」のように選手に与えられてきたものの、これからはそういうわけにもいかない」と、開幕に向けた定位置争いも架橋に入ったとの見方を示した。