オーストリアにてトレーニングキャンプに勤しんでいるハンブルガーSV。だがマルクス・ギズドル監督とイェンス・トッドSDは、ともにベルギーへと飛んだ。

ハンブルクではベルギー王者ブルージュのステファノ・デンスヴィルへの関心が伝えられており、そこではCL三次予選が控えているところ。

だがただ試合を見にいくというだけではないだろう。もとももギズドル監督は、ハンブルクの守備陣の層の薄さを懸念しており、今回のキャンプまでには獲得できていることへの希望を述べていた。

しかし駆け引きはここまで長引いており、この貴重なキャンプの時間を割いて、むしろ交渉へと臨むことに費やしている。ただ逆にみれば、この移籍も架橋を迎えたともいえるだろう。

アヤックスにて育成された188cmのオランダ人CBは、昨季にはCL5試合に出場し、いずれもフル出場を果たしている。