今夏最初のテストマッチとなったアヤックス戦にて、右大腿筋を負傷したニクラス・モイサンデル。その後の精密検査の結果、筋損傷を抱えしばらく離脱に入ることが明らかとなっていたものの、想定よりも長期の離脱に入ることが明らかとなっている。

アレクサンダー・ヌーリ監督は「精密検査をうけた結果でね。残念だよ。ニクラスはうちの守備陣のは柱なんだ。しかしおそらく10月までは離脱することになるよ」と説明。

これにより今夏にはさらにブレーメンはアクティブになっていくことになり、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏も「いずれにせよセンターバックの補強を模索してはいたのだが、しかし今回の検査結果を受けて、求める選手像について再考することになるね」と語った。