昨季2部に降格したハノーファーへと移籍し、ベテラン選手としてわずか1年でのブンデス復帰へと貢献したマルティン・ハルニク。自身にとってもブンデスリーガへと復帰を果たしたオーストリア人FWが語る・・・

…テストマッチでは、ここ218分で無失点
マルティン・ハルニク(FW:30):守備面に重点を置いて取り組んできたし、中盤では戦術面に特に重きをおいて取り組んできた。その結果、特に多く失点するというところはまだないね。これからはオフェンス面に取り組んでいくことになるよ。もちろん得点を決めたいし、チャンスも実際にあるわけだからね。


…3−5−2システムを採用
ハルニク:異なるシステムを試すこともまだ重要さ。フレキシブルさを考えていく上ではね。僕たちは日々成長を続けている。

…新戦力について
ハルニク:いいことであり、重要なことは、彼らの性格が素晴らしいということ。すぐに適合できているよ。

…昇格組として臨む今シーズンについて
ハルニク:昨季だって僕たちはいいチームであるところはみせていたし、コアとなったメンバーは残っている。もちろん1部復帰を果たした余韻はまだあるし、そういったポジティブな経験というのを、勢いにしてこのまま持ち続け行きたいところだね。

…チームとしての目標は?
ハルニク:謙遜しなくてはいけない。何よりもの目標となるのは1部残留だ。上を目指すうえでは、特に限界値を定める必要はないだろう。それは確かだよ。ただどの順位かということは具体的には言葉するつもりはない

…個人的な目標は?
ハルニク:自分自身には期しているものはある。重要な存在っでありたいし、できるだけ重要なゴールを決めて、そして1部残留に貢献したいと思っているよ。

…1部復帰のなかで、特に楽しみにしている試合は?
ハルニク:特別な試合はあるさ。例えばバイエルン戦やドルトムント戦。あとハンブルクとの北部ダービーもそうだね。それにもちろん古巣シュトゥットガルト戦もその1つだよ。