日曜日にはウディネーゼとのテストマッチが予定されていたハノーファーだが、しかしながらセキュリティの問題により中止を余儀なくされることが明らかとなった。

ザンクト・ファイト・アン・デア・グランは、ジャック・レマン・アリーナの収容人数は2430人であり、両クラブの過激なファンを考慮した場合にあまりに小さすぎると判断したことを木曜に発表。

現在ハノーファーはフェルデン・アム・ヴェルターゼーで、ウディネーゼはフィラッハにて、それぞれトレーニングキャンプを行なっているところなのだが、いまは別の開催地についてエージェントが模索した結果、ヴォルフスベルクのラヴァントタール・アレーナに決定している。

なおハノーファーは最近、トルコ1部アランヤスポルとのテストマッチを負傷者が多いとの理由で断りが入れられており、相手がカタールのレフウィヤSCに変更されたばかり。