シュネフェアディンゲンでのトレーニングキャンプを見送り、移籍への準備を進めているウスマン・マネー。すでにこの時期までに確定することも予想されていたのだが、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏はブンデス2部へレンタルする見通しであることを明かした。

同選手に対しては「複数の関心」がブンデス2部のクラブから寄せられており、伝えられるとこでは2部昇格組のレーゲンスブルク、そしてアウエの2クラブの模様。ポイントとなっているのは金銭面ではなく、いかに成長できる場であるかという所であり、今はコーチ陣や首脳陣らとの話し合いを重ねているようだ。

相次ぐFW陣の負傷離脱を受けて、昨季の第4節にトップチームから昇格、いきなり先発デビューを果たした同選手は、それから6試合続けて先発をつづけ1得点2アシストを記録。難民からのサクセスストーリーも注目されたが、しかし第10節以降は下部チームでのみの出場が続いている。