ヨーロッパリーグ3次予選に臨んでいるSCフライブルクにとって、すでに2017/18シーズンは幕をあけた。しかしながらクリスチャン・シュトライヒ監督は、この試合を通じてシーズンの準備も進めて行きたいと考えている。

「試合を通じて、ブンデスでのタフな戦いに備えていきたい。」そう語る指揮官は、今回のスロヴァキアへの遠征に、トレーニングを行うことを考慮してフィールドプレイヤー20選手を帯同させている。

おそらくは今回の試合については、前回勝利をおさめた11人が引き続き先発することが予想されるが、代表選参加で遅れて合流したハベラーについては、シュトライヒ監督が先発には時期尚早との見方を示してはいるものの、スターターの可能性はある。

「少なくとも第1戦と同じような」精力的なプレーを求めるシュトライヒ監督は、より守備面での改善を要求。一方で相手チームについては「とてもうまく組織化され、全力を出し尽くしていた。それにGL突破という彼らの大きな成功に向け」意欲的との見方を示しており、先日リーグ戦では3−1と勝利をおさめたばかりだが、「力をセーブできたところもあったかもしれない。選手層も厚さがあるよ」と警戒心を示した。