水曜日の行われたアウディカップにて、バイエルンの選手としてデビューしたセバスチャン・ルディがインタビューに応じた。

…この試合ではビダルにつぐ2番目の年長だった
セバスチャン・ルディ(27:MF):決して悪いことではないさ。若い選手たちとのプレーはとても楽しかったよ。とてもいいプレーをみせていたと思うし、意欲的にプレーしていたんじゃないかな。僕たちは前半については、もっと得点チャンスをいかさなくてはならなかったと思う。もちろん勝利を収めたかったんだけど、でも今回はこういうメンツだったし、僕としては最初の試合ができて嬉しいといった感じかな。さらにうまく馴染んでいきたいと思うよ。

…バイエルンでの定位置争いに挑戦
ルディ:ここでは自信をもってのぞんでいかなくてはならないもの。不安は持ってはいけないし、自信を示さなくてはならないんだ。練習が異常にタフだというこではないし、そもそも僕たちはチームメイト。お互いに学ぶところもあるし、試合でにむけて万全の準備を行ってく必要もある。僕はそのあたりでとても上手くやれていると思うし、これから数日かけてもっとよくなっていきたいと思うよ。

…ドイツ代表として遠慮はしてられない
ルディ:そのとおりだ。バイエルンでやっていくためにはね。定位置争いはあるものだけど、でも自信をもってこの移籍を決断した。じゃないとしていないさ。素晴らしい選手たちから学べること、そしてこれから迎えることをとても楽しみにしているところだよ。

…今夏のテストマッチではなかなか思うようにいかない
ルディ:そろそろスイッチを入れていかないといけないとは思う。土曜日の試合は僕たちにとってとても大切なものだよ。まだこの試合を消化するにはまだ数日残されているし、分析も行っていける。土曜日では100%頭をクリアにしたプレーをしなくてはならないし、勝利をおさめられるところまでいけると思っているよ。

…コンフェデ杯参加で遅れたが、自身が万全のところまでいくには?
ルディ:いまはとてもいい感覚を覚えているし、これから数日かけて次のステップへと踏み出したいと思っている。そんなに時間はかからないと思うよ。