週末にポカール1回戦が控えるマインツ05。いよいよ本番モードに突入することになったが、サンドロ・シュヴァルツ監督は状態のいいチームを前に試合を心待ちにしているところだ。「我々は勝利を収められるレベルにある」

しかしながらこの試合では、おそらくレヴィン・エズドゥナリを欠いて臨むことになるだろう。今夏にU21欧州選手権で優勝を果たした同選手だが、胃腸炎を患いまだ回復をみせることができておらず、「数日様子をみて練習参加の判断を下す」と指揮官。

ただマインツのウィングではデ・ブラシス、クアイソン、フィッシャー、ハイロら豊富にオプションが揃っていることから、4部相当のリューネブルク戦での同選手の離脱はそこまで大きな問題ではないだろう。

またジャン=フィリッぺ・グバミンとアレクサンダー・ハックの復帰時期については「まだ予想を立てるのが難しい」とシュヴァルツ監督はコメント。その一方でガエタン・ブスマンは火曜からチーム練習復帰を果たしており「対人戦を得意とする彼の復帰はうれしいね」と喜びをみせた。