ボルシア・ドルトムントの指揮官を昨季限りで解任され、レヴァークーゼンなど今夏の移籍市場を賑わせたトーマス・トゥヘル監督。最近では静かな日々を過ごしている43歳だが、90分間だけ監督に復帰することを自らのツイッターで明かした。

それは2004年から2015年までの長きにわたりマインツでプレーしたニコルチェ・ノヴェスキの送別試合でのことであり、クラブ史上最多出場(313試合)を誇る元主将は、2009年から5年にわたりトーマス・トゥヘル監督の下でもプレーしている。

その送別試合が決定した6月はじめ、ノヴェスキは「チームメイトと再びボールを蹴れること、そしてマインツのファンにしっかりとした形でお別れを伝えられることをとにかく嬉しく思っている。」と喜びを語っていた。