土曜日にシャルケから驚きの知らせが届いた。6年にわたりキャプテンを務めてきたベネディクト・ヘヴェデスに代わり、2年間のフランクフルト時代をのぞきヘヴェデスと同様1988年からシャルケに所属しているラルフ・フェアマンが、新たに主将へと任命されている。

またプレスカンファレンスにてドメニコ・テデスコ新監督は、新たな副主将としてレオン・ゴレツカの就任も発表。ヘヴェデスには木曜日に伝えたとのことで「当然ながら失望をみせていた」が、「プロフェッショナルに受け止めていた」という。なお選手評議会のメンバーにはヘヴェデスは含まれており、そのほかにはギド・ブルクシュタラー、ナウドらが名を連ねた。

今回の決断について、テデスコ監督は「決してヘヴェデスに対するものではない」ことを強調。「これからも彼は我々にとっての柱としてとどまり続けるし、プレー面でも人間性でも最大限にリスペクトされているよ」と言葉を続けている。

それではなぜ入れ替える必要があったのだろうか?「我々としては、責任を分けたいと考えていたんだよ」とテデスコ監督は説明。「困難にひんしたとき、常にそこにいてくれたのはベネディクト・ヘヴェデスだった。しかし我々としては、たった一人の肩にそれだけの負担を抱えさせたくはない。我々としてはインパルスをもたらしたかったし、責任を複数の肩で担うようにしたかった。それにレオンやラルフにも責任を与えたかったんだ。これは新たな道だよ。ベネディクトはこれまで通りに声をかけていくことになるし、それは他の選手も行なっていくということだ。」との考えを明かした。

また金曜日にヘヴェデスと長く話し合いを行なった、マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、「彼は失望していたが、しかし決して涙をみせていたわけではない。堂々としていたし、プロフェッショナルだったよ。」と述べ、「今回の判断は、彼にとってもメリットに働く可能性もあるんだ。これから自分のパフォーマンスに100%集中することができるからね。長年時間がたったあとでの変化ではあるが、しかし数週間もたてば普通になるさ」と語っている。