【試合前コメント】
ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「昨年は、我々はヴォルフスブルクとのアウェイ戦で、残念な戦いを経験してまった。ヴォルフスブルクはとてもいいチームだし、我々としてはポゼッションの面で、明確なストラクチャーをもたなくてはならないよ。オフェンス面で高いテンポをたもっていくためには。難しい相手だ。簡単に考えている人もいるようだがね。かなり守備面が重要となってくるだろう。シュミット新監督については、マインツ時代を比較できるはずだ。似たようなストラクチャーでポゼッションを行い、ディフェンスも見せてくることだろう。明確なプランをもち、自分らしさがあって、人間としてもいい人だ。馬鹿話も一緒にできるし、本当にとてもいい監督だと思うね。彼がブンデスに戻ってきてうれしいよ。負傷離脱中のニャブリについては、まだ患部が十分に潤滑的になっているわけではないんだ。ゆっくりとしていかないと。まだ緊張感をもっているところさ。確かにあまり我慢を得意とするタイプではあるのだが、そこはうまくやっていかないとね。自分の体のことは自分が一番わかっているだろうし、我々はまだ我慢が必要だよ」

【先発予想】
ヴォルフスブルク:カスティールス – フェルハーフ, ティスランド, ウドゥオカイ, G.イッテル – カマチョ, アーノルド – ブラスチコフスキ, ディダヴィ, マリ – オリジ

ホッフェンハイム:バウマン – ノルトヴァイト, フォクト, B.ヒュブナー – カデラベク, ツーバー – ガイガー – グリリッチュ, デミルバイ – ワグナー, クラマリッチ