レヴァークーゼンやアイントラハト・フランクフルトをはじめ、ブンデスリーガではU23を解体する潮流が生まれており、かつてはゴメス、ケディラ、最近でもキミヒ、ヴェルナーらドイツ代表を輩出してきたシュトゥットガルトでさえも、現在はU23の解体について検討がなされている。

あくまで「まだ未決だよ」と強調するミヒャエル・レシュケ氏だが、しかし今夏にバイエルンのテクニカル・ディレクターからシュトゥットガルト移籍を決断した同氏こそ、2014年にレヴァークーゼンのU23解体を行なった人物でもあるのだ。

シュトゥットガルトU23の現状について、同氏は「チーム内にこれからブンデス1部・2部での将来性をもった選手はいない。そもそも大きな才能を持った選手にとっては、早い段階からトップチームでプレーすることに意義がある。ユースにはプレッシャーがないからね。だからU19から一気にトップチームへといくのさ」と説明。

これは先日にライプツィヒのラルフ・ラングニックSDが語った内容にも繋がっており、同氏が目にした「興味深い記事があってね、それによれば、昨季のチャンピオンズリーグ8強に出場した選手の8割以上が、17歳の時点でトップチームでプレーした経験をもっているんだよ」と、昨今の若手選手の早熟さについて指摘する。

レシュケ氏も「コンフェデ杯では本来U21の選手が主力を務めて優勝した。以前にレーヴ代表監督は、自身が就任した2004年には、U21の選手でクラブで主力を務めていた選手はほとんどいなかったと言っている」と語った。

そのためレシュケ氏は、「異なるリーグで複数所属できるようにすることは非常に興味深いテーマだ」と述べており、例えば練習参加についてはトップチームで行うのだが、プレーできない場合はブンデス2部もしくは3部のクラブで出場できるようにするというもの。

「そこでポイントとなるのは、あくまで定型クラブは2・3に絞ること。すでにドイツ国内でもハンドボールやバスケットボールで成功例があるし、ドイツサッカー連盟もこのことについて考えている。オーストリアでも成功例はあるんだ」さらにスペインでも同様の特例は認められている。

また別の問題点として、「セカンドチームの多くの選手は、せいぜい3部や4部でプレーをすることになるし、それと同時にその後の就職のための準備もしていかなくてはならない。そのなかであまりに年齢が行きすぎてしまうと、再就職もままならないという部分もあるんだ」と言葉を続けた。


なお今季は、昇格組として4位につけるハノーファーに注目が集まる一方、シュトゥットガルトもここまで12位につける検討をみせており、レシュケ氏は「大半の試合の多くでコントロールしている場面が見られるし、プレーの喜びや個人の能力も見て取れる。順位表と同様に選手らの成長も重要だよ」と評価。

ただしシーズンでの戦いについては、「下位に甘んじているチームにもクオリティがあるし、残留はタフなタスクだと人指摘しているよ。ここまで勝ち点13というのは嬉しい結果だが、しかし浮かれるような理由にはならない」と語った。