週末に行われたスウェーデン代表戦では、2−1で勝利をおさめたドイツ代表だが、しかしながらドイツサッカー連盟の二人の職員については、相手チームに対する挑発行為により処分を受ける可能性がでてきた。

FIFAは日曜日に、動画メディアコーディネーターのウリ・フォイクト氏と、オフィスマネージャーのゲオルグ・ベーラウ氏に対する調査を行なっており、試合後にスウェーデン代表のエミル・フォルスベリは「敬意を書いた」「ひどい態度」を見せていたと批判。さらにアンデション監督も「非常に苛立ちを感じる」と述べている。

両氏は試合終了後に、相手チームのベンチに向かって、これ見よがしに拍手を行うなどの行為を行い、その結果、口論や相手を突き飛ばすといった事態にまで発展。すでにフォイクト氏、そしてベーラウ氏ともに、個人的にスウェーデンに対して謝罪しており、さらにドイツサッカー連盟も試合後にこのことに対する謝罪を掲載した。