©︎imago images

 数週間前からSSCナポリに所属するスペイン代表、ファビアンについてはパリ・サンジェルマンへの移籍が目前にあるといわれ、契約最終年度にある26歳の獲得には移籍金として、2000万ユーロ以上が提示される見込みとなっていたが、火曜夕方には正式に発表がなされた。

 同じくレアル・マドリードも関心を示していたものの来夏でのフリーを考えており、一方でパリSGのガルティエ監督も「まだ正式にはなっていないが、我に向けて取り組んでいるところだ」と明かしていた。

 さらにパリ・サンジェルマンでは木曜まで開かれたこの夏の移籍市場において、活発な動きをみせる可能性がある。バレンシアFCに所属するカルロス・ソレルもまたリストアップされていると見られ、契約最終年度にある25歳の獲得に向けてスペインのラジオ局「コペ」によると、移籍金としては1500〜1700万ユーロほどが準備されているようだ。