©️Getty Images

 ピエル=エメリク・オーバメヤンに加えFCチェルシーでは、移籍期限ギリギリのタイミングでさらに、元グラードバッハのMFデニス・ザカリアを獲得した。25才のスイス代表は今冬に、移籍金450万ユーロでユベントス・トリノに加入したばかりだが、セリエAとチャンピオンズリーグでのわずか12試合で、買い取りオプションつきのレンタルで後にすることになる。

 スイス代表として40試合に出場し3得点をマークしている同選手について、オーナーを務めるトッド・ベーリー氏は「デニスは才能ある、多くの優れたクオリティとスキルをもったMFだ。彼は我々のチームに幅と深みをもたらしてくれるだろう」と期待感を示した。

 一方でチェルシーFCはイーサン・アンパドゥを、再びセリエAのクラブへとレンタルした。昨シーズンでは降格したヴェネツィアでプレーしていたセンターバックは、今シーズン終了までラ・スペツィアでプレーすることに。ちなみに21歳のディフェンダーは、2019/20シーズンにはブンデスリーガ、RBライプツィヒに所属した過去もある。