©️imago images:Revierfoto

 UEFAは2018年から2022年の期間中の、ファイナンシャルフェアプレーに抵触したとして、イタリアのACミランとインテル・ミラノ、ユベントス・トリノ、ASローマ、そしてリーグ・アンのパリ・サンジェルマンとASモナコ、オリンピック・マルセイユ、そしてトルコのベシクタシュ・イスタンブールに対して罰金処分を科す判断を下した。

 これら8クラブには合計で1億7200万ユーロの支払いが命じられており、その支払い方法はUEFA主催の大会参加による収入から差し引かれるか、もしくは即座に支払う必要があるとのこと。ただし即座の支払いが求められるのはこのうち15%(2600万ユーロ)であり、残りの85%(1億4600万ユーロ)については執行猶予処分。期間はインテルとASローマが4年、そのほかの6クラブは3年。そのうち最も多くの金額を命じられたのは、1000万ユーロを即座に、6500万ユーロが執行猶予扱いとなった、パリ・サンジェルマン。

 ちなみにマンチェスター・シティやFCバルセロナ、FCチェルシーをはじめ、ブンデスリーガからもドルトムント、ウニオン、ヴォルフスブルクについては、2020年と2021年に適用されたコロナ救済措置や過去の財務実績による考慮で要件を満たしたとしており、そして2023年会計年度以降は、これらは適用外の予定となっている。