©️.IMAGO/Pro Sports Images

 本来ならば9月17日にプレミアリーグでは、第8節に合計5試合の開催が予定されていたものの、しかしながら4試合のみが開催されることが、火曜午後に正式に発表された。それに該当するのは現在ポッター監督の進退問題に揺れるブライトン&ホーブ・アルビオンと、クリスタル・パレスである。

 ブライトンのバーバーCEOによると、「両クラブとも当初の日程での試合開催を希望していたため、関係各所との対話を続けてきた」のだが、最終的にはブライトン鉄道網のストライキという、なんとも奇妙な理由により延期されることが決定したのである。「全ての要素を議論し、慎重に評価した結果、安全諮問員会の全会一致の勧告として、プレミアリーグの全面的な支持の下、試合の延期を決定した」との説明がなされている。

 特にサポーターたちの落胆については理解を示しつつも、ただ「両クラブのファンはもとより、試合運営に携わるスタッフや選手、関係者らの安全面が最優先されなくてはならない」と強調。とりわけ多くの観客にとっては、鉄道利用を避けて観戦に訪れることは非常に困難なことであり、それが今回の判断の根拠になったとのこと。まだ新しい日程については発表されていないが、決定次第チケット購入者が7日間以内に払い戻しが申請できるようにするとしている。