©️Getty Images

 19歳のオフェンシブプレーヤー、ジャマル・ムシアラが火曜日に行われたドイツ代表チームでのトレーニングにおいて、負傷のために中断を余儀なくされたことが明らかとなった。ムシアラはバイエルンで同僚のトーマス・ミュラーとの対人戦にて負傷。ピッチ上で治療を受ける姿が見受けられており、そこでは裂傷が確認されたとのこと。

 そのためチームドクターに付き添われる形でフランクフルトのDFBキャンパスを後にしており、ミュラーからは謝罪。そして正午に行われた記者会見にて、大事には至っていないことが明らかとなっている。広報担当は「表面的な負傷」に過ぎなかったことを明かしており、マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏も「深刻なものではないと思う」と付け加えた。

 なおkickerが得た情報でもそれほどの負傷ではないものの、ただ明日水曜の練習参加は見送られる可能性があり、金曜日に行われるハンガリー代表戦、月曜日のイングランド代表戦の出場については不透明。ムシアラは今年に入って代表6試合に出場しており、ブンデスではここまで開幕7試合と結果を残しているところ。