©️Getty Images

 ハンジ・フリック監督がドイツ代表選手に対して自由日とした金曜日、練習場では何人かの選手たちが汗を流す様子が見受けられていた。

 負傷からの回復を目指しているトーマス・ミュラーと、アントニオ・リュディガーは気温29度という陽気の下、午後にアル・シャマル・スポーツクラブのスタジアムで、アスレティックトレーナー指導の下で個別調整に臨み、そこで好印象を残していた。

 またこれに先駆けて行われたオマーンのミニ合宿では、胃の問題のために合流が遅れていたマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンが、ケヴィン・トラップとともに練習へと勤しむ姿が見受けられている。