©️Getty Images

 ワールドカップ16強の韓国代表戦を数日後に控え、ブラジル代表に残念な知らせが届いた。ガブリエル・ジェズスとアレックス・テレスが負傷のためW杯から離脱、さらにネイマールとアレックス・サンドロの出場さえも疑問視されているという。

 これまでブラジルの複数のメディアが報じたものであり、ジェズスとテレスはいずれも、先日のカメルーン代表戦にてともに、右膝に負傷を抱えてしまったようだ。なお以前より膝の不調を訴えていたジェズスについては1ヶ月程度の欠場へ、そしてテレスについては手術を受けるため長期離脱は見込まれる模様。

 FIFAの規定ではもはや追加招集は不可能であることから、ティト監督は2つのオプションを失った状態でワールドカップでの戦いを余儀なくされる格好だ。さらにネイマールについても、月曜日に控える韓国代表戦に間に合うか時間との戦いになっている。30歳のスーパースターは、右足首の靱帯を損傷しており、グループリーグの2試合(スイス戦とカメルーン戦)を欠場。

 そのカメルーン先後にリシャルリソンは、「いかに彼の不在が大きなことであるか、それがこの2試合で見てとれたと思う。韓国戦には間に合うように誰もが切に願っているよ」と語っていたものの、チームドクターは「まだボールを使った練習も行えていないのです。明日のテストで見えてくるかもしれませんが」と語った。なおアレックス・サンドロは大腿を負傷しているところ。