©️IMAGO/ANP

 1月にアヤックス・アムステルダムを退団した後、この夏には中東へと渡り、アル・アインに就任していたアルフレッド・シュロイダー監督。だがわずか7試合のリーグ戦で早くもアラブ首長国連邦での旅は終わりを迎えており、元ホッフェンハイム監督とは「相互合意により」袂を分かったことがクラブ側より発表されている。「この決定は、コーチとコーチングスタッフとクラブの組織的部分と意思疎通がうまくはかれていなかったためです」

なおアル・アインは現在、同国リーグでアル・ワスルとのトップ戦に敗れて3位となっており、その後任として元アルゼンチン代表ストライカー、エルナン・クレスポ氏が就任する見込み。すでに仮契約は済ませているようで、数日中にも招聘が発表される見通しであることが水曜日にクラブ側より発表。クレスポは最近までカタールのアル・ドゥハイルSCに在籍していた。