©️IMAGO/ZUMA Wire

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は、ウォーレン・ザイール・エメリを代表初招集した。仮に17歳と8ヶ月の若手MFが18日のジブラルタル戦、もしくは21日のギリシャ戦で出場することになれば、戦後史上最年少のフランス代表デビューということに。なお同記録は今回召集を受けているエドゥアルド・カマビンガが保持しているところ。

 同選手はパリ・サンジェルマンにてルイス・エンリケ監督の下で重用されており、レギュラー選手の1人として特に最近2試合では共にゴールをマーク。すでにデシャン監督は前回の代表戦期間でも有力な候補者としてみており、最近U21代表4試合中3試合で主将を務めた「彼は、ここでのレベルでやれるだけの全てのスキルを持ち合わせている」と評した。