今年最初の代表戦あけに行われる、FCアウグスブルクとの下位決戦では、1.FCニュルンベルクでは多くの離脱者が復帰。背中の問題を抱えていたゲオルグ・マグルライターはじめ、鼠蹊部に問題を抱えていたオンドレイ・ペトラクとフィルヒル・ミシジャン、さらにティム・ライボルトとマテウス・ペレイラも戦列復帰を果たしている。

 これによりボリス・ショマース暫定監督は、総勢24名の選手のなかから起用法を考えていくことになるのだが、果たして18名のメンバーと、11名の先発はどの選手となるのか?特に3試合の出場停止処分あけとなるテクニシャン、ペレイラについて指揮官は「良い練習ができたし、テストマッチでも良い印象を残していた」との評価を述べた。