昨シーズンではドメニコ・テデスコ監督の下で、ブンデスリーガ2位と大きな飛躍を遂げて見せたFCシャルケ04。だが今シーズンは一転して残留争いを強いられる展開となっており、来季から監督として復帰するダヴィド・ワグナー氏にはその再起への期待がかかっているところだ。

 そんななか火曜日にシャルケは、来シーズンに向けた始動日として7月1日に設定したことを発表。7月7日にはワグナー監督の初陣となるテストマッチが、ロート=ヴァイス・オーバーハウゼンを相手に行われることになり、その後は7月12日にボットロップ市選抜と、さらに7月14日にはヴァッテンシャイト09とのテストマッチも予定されている。

 そしてその後は4年連続となる、ミッタージルでのトレーニングキャンプを実施。恒例となっていた中国ツアーは、今年は見合わせることも発表されており、「失意のシーズンを受け、我々としては新監督の下、集中してサッカーの準備に取り組んでいく必要性があります。つまりは我々は時間と、そして集中力を、本分であるサッカーへと費やしていくということです」と説明された。