おそらくは今週末のリーグ戦でも引き続き、SCフライブルクは守護神、アレクサンダー・シュヴォロウを欠いて臨むことを余儀なくされることだろう。10月19日に行われたウニオン戦にて、大腿筋へと筋損傷を抱えた際に、復帰までは最低でも3週間の見通しと発表されており、5週間が経過した今は、GKコーチと共に練習メニューをこなすところまで回復しているところだ。なおそれ以降、マーク・フレッケンが同選手の穴をしっかりと埋める活躍をみせている。

 一方で、アミル・アブラシはチーム練習復帰を果たしており、10月26日に行われたライプツィヒ戦にて、筋肉系に問題を抱えたアルバニア代表MFは、それ以来ここまで欠場が続いているものの、それから1ヶ月ほどが経過した水曜日にはチーム練習へと復帰。メンバー復帰できるところまで回復をみせられるかについては、これから日々様子見ということになる。