ここ数週間に渡り、移籍報道が加熱している、ボルシア・ドルトムントのパコ・アルカセル。26才のFWに対しては母国スペインへの復帰が取り沙汰されているところであり、後半戦初戦となるアウグスブルク戦ではメンバーからも外れていた。

 そんな中でスペインのアスが報じたところによれば、アルカセルのホームタウンであるバレンシアが、今冬、遅くとも来夏には、同選手の獲得を思い描いている模様。

 ただ移籍金2300万ユーロを投じてバルセロナから獲得したアルカセルへのオファー状況について、ドルトムントのツォルクSDは「特に何も変わりはない」とだけ述べている。