わずか2年にして、パコ・アルカセルのボルシア・ドルトムント時代へ終止符が打たれることとなった。昨年9月にはクラブ記録を樹立するなど、活躍をみせていたスペイン代表FWだったが、これからは故郷に程近いビジャレアルで再起をかける。移籍金は成果に応じたボーナス込で、最大3000万ユーロ。

 今冬加入のエルリング・ハーランドが、わずか56分間の出場で5得点を挙げるなど、目覚ましい活躍を披露しているところだが、しかしながらアルカセルもまたそれよりも16分だけ多く時間を要するだけという鮮烈な出だしを披露。

 最終的にシーズン1年目はリーグ戦26試合で18得点をマークしており、そのうち15得点はジョーカーゴールというおまけ付き。加えて今季も開幕から公式戦6試合連続ゴールという、ドルトムント110年の歴史の中で初めての快挙も成し遂げた。

 しかしながらそれから調子を落とし、さらに負傷や、システム変更の煽りも受けたこともあって、突如としてアルカセルは窮地へと立たされる結果に。それに追い討ちをかけたのが、前述のハーランドの獲得だ。

 今夏のユーロ2020を睨み新天地を模索したアルカセルは、当初は古巣バレンシアへの復帰で合意に達していたものの頓挫、その結果故郷に程近いビジャレアルへの移籍を決断。リーグ戦37試合で23得点という、華々しい成績を残したまま、アルカセルは早くもドルトムントの地を後にする。