ボルシア・ドルトムントでは現在、エルリング・ハーランドの週末復帰を目指し「精力的」な取り組みをみせているところだ。同選手は先週行われたバイエルンとのドイツ頂上決戦において、主審と交錯した際に内側側副靭帯を過度伸展。そのため先週末のパダーボルン戦ではトルガン・アザールが代役を務めていたが、ドルトムントとしては残りの2日間のうちに復調を果たすことを期待している。

 その一方でそのパダーボルン戦にてマッツ・フメルスが、今季5枚目となる警告を受けたことにより、累積警告のため週末の試合は出場停止へ。そのためファヴレ監督は守備陣への対応が求められているところであり、代役の可能性としてはヴォルフスブルク戦での後半にみせたように、エムレ・ジャンがCBの位置へと下がることが考えられるだろう。そしてジャンの代わりには、復調を果たしたアクセル・ヴィツェルが、デラニーとのダブルボランチを形成することが見込まれる。