まだ出場クラブが出揃ってはいないものの、ドイツサッカー連盟(DFB)のフリッツ・ケラー会長と、ハイケ・ウルリヒ副事務局長は、ドイツ杯1回戦の組み合わせ抽選を行い、特に1.FCニュルンベルクと、MSVデュイスブルクにとっては辛い結果となった。なお前回王者のバイエルンの対戦相手は、今のところはまだ未確定となっている。

 それはまだ地方のカップ戦の優勝がまだ決まっていないためであり、バイエルンはライン中部杯を争う1.FCデューレン、ヴォクトリア・アーノルズヴァイラー、そしてFCペッシュのいずれかと対戦。ちなみに前回2位のレヴァークーゼンについても、ハンブルク杯王者ということになった。

 一方でボルシア・ドルトムントについては確定済みとなっており、ブンデス3部のMSVデュイスブルクと対戦。またヘッキング元監督がマネージャーに就任した1.FCニュルンベルクに至っては、ブンデス2部にも関わらず初戦からRBライプツィヒと対峙する。その他注目のカードは、ブンデス2部降格組デュッセルドルフと2部昇格にあと一歩届かなかったブンデス3部インゴルシュタット。