スカイが伝えたところによればVfLヴォルフスブルクは、フランス2部FCソショーに所属する、マクサンス・ラクロワ獲得へと近づいているという。

 センターバックを本職とするフランスユース代表の獲得には、移籍金500万ユーロに成果に応じたボーナスを追加する形で、2024年までの契約を結ぶ見通しだという。

 ただし移籍成立までにはまだ、詳細を詰める必要がある模様。