これからネイションズリーグ初戦ドイツ代表戦に臨む、スペイン代表のルイス・エンリケ監督だが、しかしながらミケル・オヤルサバルを欠いて臨むことを余儀なくされた。レアル・ソシエダに所属するFWには、コロナ陽性反応が確認されたという。

 オヤルサバル自身が自らのインスタグラムにて検査結果を明かしており、「これから数日は自宅にいなくてはならない。だから、代表には参加できないんだ」と報告。

 これによりスペイン1部169試合に出場し43得点をマークしている、U21欧州選手権2019王者にも輝いた23才(6試合で2得点)は、木曜日にシュトゥットガルトにて行われるドイツ代表戦を欠場することとなった。