どうやらバイエルン・ミュンヘンは、セルジーニョ・デストト争奪戦に敗れてしまったようだ。オランダの”De Telegraaf”などが報じているように、19才のアメリカ代表DFは、アヤックス・アムステルダムからFCバルセロナへと向かっている。

 日曜日に行われたエールデビジ、フィテッセ・アルンハイム戦では試合終盤より投入されていた同選手。メディアが伝えたところでは、これからバルセロナと詰めの交渉へと臨むところであり、すでにチームメイトらには別れを告げていた模様。

 移籍金額は少なく見積もっても2000万ユーロを下ることはないだろう。なおバルセロナではウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに移籍金3000万ユーロで移籍した、ネルソン・セメドの穴埋めとして期待している。