より多くの出場機会を求めているアイントラハト・フランクフルトのフレデリク・レノウは、この夏にも新天地へと移籍することになりそうだ。ドイツ代表GKケヴィン・トラップの牙城を崩すことが叶わなかった28才のGKについて、火曜午前にトレーニングには参加せず「他クラブとの交渉のため暇が与えられた」ことが、クラブ側より発表されている。

 2年前にブロンビーIFから移籍金300万ユーロで加入した同選手だが、ここまで公式戦わずか21試合の出場にとどまっており、現時点ではその行先はまだ不透明なまま。確かに最近ではFCシャルケ04との繋がりが指摘されてはいたものの、シャルケでは現時点ではむしろ、時期監督を見出すことの方が先決だろう。