果たしてルカ・ヨヴィッチは、わずか1年でレアル・マドリードを後にすることになるのか?スペインのマルカ紙では、22才のセルビア代表FWに対して、ジネディーヌ・ジダン監督は移籍の許可を伝えたことを報じている。そしてその新天地の候補としてはイタリア、セリエAのインテル、そしてASローマの名前が浮上しているところだ。

 2018/19シーズンにフランクフルトにて、ブンデス32試合に出場して17得点8アシストをマーク、当時若干21才ながらシーズン途中まで得点王争いを演じたヨヴィッチだったが、レアル移籍後はここまで18試合に出場、わずか2得点のみにとどまっている。