ヴェルダー・ブレーメンではこの夏、その動向が注目され続けてきたミロト・ラシカ。これまでRBライプツィヒや、ここのところはアストン・ヴィラからの関心も寄せられていたものの、スカイが報じたところによればレヴァークーゼンが獲得目前のところまで迫っているという。この日は既にクラーセン、そしてヨハネス・エッゲシュタインの移籍は発表されたブレーメンだが、更なる放出はあるのだろうか?

 その一方でレヴァークーゼンではFCアーセナルより、セアド・コラシナツの獲得を目指していたものの、どうやら移籍交渉は破談に終わった模様で、そのためヘルタ移籍が取り沙汰されていたヴェンデウは一転、レヴァークーゼンに残留することになるようだ。