これまでブンデスリーガではイェナ、フュルト、マインツ、ヘルタ・ベルリン、そしてザンクトパウリにて所属し、最近ではベルギー1部ロイヤル・エクセル・ムスクロンに所属していた、サミ・アラグィが現役生活にピリオドを打った。

 チュニジア代表としてもプレーした34才のFWは、これまでブンデス1部通算108試合(26得点)、2部通算159試合(44得点)、ドイツ杯15試合(5得点)、そしてヨーロッパリーグ3試合に出場した経験をもつ。