バイエルン・ミュンヘンではこれにより、即座にセルゲ・ニャブリを戦列へと加えられることになった。ドイツ代表FWの隔離生活は既に終焉を迎えている。

 これはバイエルンが日曜日に発表したものであり、先週火曜夜にコロナ陽性反応が確認された同選手だが、それ以降のPCR検査でも、そして交代検査のいずれも一貫して陰性が確認されており、ミュンヘン市の保健局はこれを受けて隔離措置を解除する判断を下している。

 これまで水曜に行われたCLアトレチコ戦や、土曜に行われたフランクフルト戦にて欠場を余儀なくされてきたニャブリだが、そのフランクフルト戦前にハンジ・フリック監督は、ニャブリに「偽陽性の可能性がある」ことを既に明かしており、それが今回正式に確認。

 そのため火曜に控えるCLロコモティフ・モスクワ戦から、早速ニャブリはオプションということになった。