火曜午後にTSGホッフェンハイムは、シュテファン・ポッシュとの契約を2024年まで延長したことを発表した。

 2015年から在籍し、アレクサンダー・ローゼンSDが「アカデミーからここ数年で目覚ましい成長を遂げ、オーストリアA代表入りも果たした」23才のCBは、今シーズンここまでケルン戦を除く全試合で出場。2017年にトップチーム出場を果たし、「いまやチームの主力の1人になった」選手だ。

 ポッシュが一貫して歩んできた成長の軌跡は、オーストリア代表との比例するものがある。U16代表から一貫して選出を受けきた同選手は、2019年6月にAユースデビュー。それからここまで代表通算8試合に出場しており、2019年10月には代表初得点もマーク。

 そして今回の延長について、選手自身は「とても快適に過ごせている」とコメント。「グリリッチュやバウムガルトナーといった2人のオーストリア人選手がいるだけでなく、クラブから大きな信頼を寄せてもらえたこともある」と語った。