バイエルン・ミュンヘンでは先日に、ジョシュア・キミヒが膝に重傷を負ったために手術を受けたことが明らかとなったばかりだが、その一方でポジティブなニュースも伝えられた。タンギー・クアッシがチーム練習復帰を果たしている。

 18才のディフェンダーは大腿の負傷により2ヶ月の離脱を余儀なくされていたものの、月曜日に行われた練習ではチームメイトらと共に汗を流す姿が見受けられており、フランスU21代表は今回の代表戦明けからも再びオプションとなる可能性があるだろう。

 大きな期待を集める若きフランス人は、今夏にパリ・サンジェルマンから移籍金なしでバイエルン・ミュンヘンへと加入するも、ここまではまだ負傷の影響でブンデスリーガデビューはお預けのままとなっているところ。