週末に行われるブンデスリーガ1部2部の全18試合、のべ36クラブが先日に他界したディエゴ・マラドーナ氏を偲び、試合開始前に黙祷が捧げられることが明らかとなった。

 また全36クラブが共に、腕には喪章をつけてプレーするとのことで、改めてドイツサッカーリーグ機構では60才でこの世を去ったアルゼンチンのレジェンドについて、「史上最高の選手の1人」と称えている。