2015年よりマンチェスター・シティにてプレーし、ここまでリーグ戦164試合に出場して38得点73アシスト。まさに絶対的なトッププレイヤーとしての活躍を続けてきたケヴィン・デ・ブライネ。

 そんな29才のベルギー代表MFとの契約期間は、まだ2023年まで残されているところではあるのだが、しかしながらマンチェスター・シティ側は更なる契約の延長を目指しているところ。

 そんな中で、英紙ガーディアンが伝えたところによれば、どうやらマンチェスター・シティとケヴィン・デ・ブライネは、間も無くして2025年まで契約を更新。そこには”若干”の増給も含まれるようだ。