土曜日に行われたアイントラハト・フランクフルト戦では、後半68分から投入されたバイヤー・レヴァークーゼンのカリム・ベララビだったのだが、そこで敗戦を免れることは叶わず、さらに手に負傷を抱えたため、これからしばらくの間は離脱へと入ることが明らかとなった。

 これは月曜日にクラブ側より発表がなされたものであり、元ドイツ代表ウィンガーは試合中、左の中手骨に骨折を抱えたという。そのため今季18試合に出場して3得点2アシストを記録中の同選手は、これから「3〜4週間」不在になるとのこと。