今晩にブンデス2部アイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦を迎えるフォルトゥナ・デュッセルドルフだが、しかしながらその一方でジャン・ツィマーに対しては、今冬にも移籍の可能性が取り沙汰されているところ。

 最近では役割を失っている同選手に対して、kickerが得た情報によればブンデス3部カイザースラウテルンへ、レンタルにて移籍することで既に合意したようだ。

 今のところはまだ、特に両クラブから正式な発表こそなされていないものの、2004年から2016年まで同クラブに在籍していた26才の右SBにとっては、まさに古巣への復帰を意味することになる。