ブンデス2部SVダルムシュタットは、1.FCケルンからクリスチャン・クレメンスを、今季いっぱいまでの期限つきにて獲得したことを発表した。「これから残りシーズンを、このダルムシュタットでプレーできることを嬉しく思うよ。アンファング監督のプレーシステムは彼のケルン時代に知っているし、早く慣れてチームの助けになっていければと思う」と、クレメンスはクラブ公式にてコメント。

 ケルンではここのところ役割を失い、新天地を模索していた29才のオフェンシブプレイヤーは「自分には何が求められているかも、しっかりとわかっているし、ここでのプレースタイルも自分向きだと考えているよ。それに何人かの選手とは、これまでにもプレーしたことがあるしね」と、言葉を続けている。

 2001年から2013年までケルンに在籍していた同選手は、その後にシャルケ、マインツを経て、2016年より再びケルンへと復帰。これまでブンデス1部通算144試合(15得点13アシスト)に出場し、シャルケ時代にはチャンピオンズリーグ予選2試合、ケルンとマインツ時代にはヨーロッパリーグ6試合に出場した。