ブンデスリーガ2位のRBライプツィヒと、ブンデス2部2位のVfLボーフム。前回王者バイエルンが既に姿を消したドイツ杯にて、初タイトルへの夢が膨らむところではあるが、しかしながらそれでもユリアン・ナーゲルスマン監督は週末カールスルーエに敗れたばかりのボーフムに対し「警鐘」を鳴らした。「これは熱い戦いになる」

フォルスベリ欠場、コナーテもフルメニューこなせず

 この試合に向けてライプツィヒでは、負傷により離脱中のコンラッド・ライマー、ベンヤミン・ヘンリクス、ドミニク・ソボスライらが不在となる上に、エミル・フォルスベリもまた、膝の問題により欠場を余儀なくされるところだ。さらに足首に負傷を抱えるイブラヒマ・コナーテも、またフルメニューをこなせない状況にあるという。

ウパメカノに休養?

 加えてダヨ・ウパメカノについては、休養を与えることも検討しているようだが、しかしながらそれはここのところヒートアップしている、来夏の移籍問題による影響ではないとのこと。「ウパは出場がかさみ膝に問題があったからね」