ヨーロピアン・スポーツ・メディアが選出する、1月の欧州ベストイレブンが発表され、13連勝、20試合連続無敗など、まさに絶好調だったマンチェスター・シティから、満票にあと1つだけ足りなかったイルカイ・ギュンドアンをはじめ4選手が選出。また10月、11月、12月に最多得票を獲得していたロベルト・レヴァンドフスキをはじめ、バイエルン勢からも3選手が選出された。

【1月】

ヤン・オブラク(アトレチコ、6票)
ルベン・ディアス(マンチェスターC、7)
ジョアン・カンセロ(マンチェスターC、5)
ジョン・ストーンズ(マンチェスターC、4)
ジョシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン、6)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスターC、12)
フレンキー・デ・ヨング(FCバルセロナ、6)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン、4)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン、9)
ユセフ・エン=ネシリ(FCセビージャ、6)
ルイス・スアレス(アトレチコ、6)

【12月】

ヤン・オブラク(アトレチコ、6票)
テオ・エルナンデス(ACミラン、5)
マリオ・エルモソ(アトレチコ、6)
ダヨ・ウパメカノ(RBライプツィヒ、4)
アクラフ・ハキミ(インテル、5)
ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスターU、6)
ルカ・モドリッチ(レアル、4)
ハカン・チャルハノール(ACミラン、3)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン、10)
ロメウ・ルカク(インテル、5)
カリム・ベンゼマ(レアル、5)