1.FCウニオン・ベルリンはこれからしばらくの間、タイウォ・アウォニィを欠いて、シーズンへと臨むことを余儀なくされそうだ。kickerが得た情報によればフライブルク戦で欠場していた23才の点取屋は、大腿筋に負傷を抱えたという。
 
 なお昨夏にリヴァプールよりレンタルにて加入中のナイジェリア人FWが、これからどれほどの離脱となるかは不明。オリヴァー・ルーネルト競技部門取締役は、「長期離脱の恐れもある」ことを明かした。

 特にウニオンでは今季オフェンスを牽引していたマックス・クルーゼが、大腿の筋束の断裂により12月4日より長期離脱に入っており、先日のフライブルク戦から復帰するもまだ未出場。さらに今季5得点をマーク中のアウォニィ離脱で、フィッシャー監督は引き続き、FW陣のやりくりへ追われることになる。